メリットたくさんのOPP袋について知る

利用の場が広がるOPP袋

皆さんはOPP袋と呼ばれる袋についてご存知でしょうか。OPP袋という専門的な呼び方をされてもピンと来ない人も多いかもしれませんね。OPP袋とは透明のフィルムを素材として利用している封筒のことを指します。そのため、ビニール封筒やクリア封筒といった呼ばれ方をされることも多いようです。こちらの呼び方のほうがしっくりと来る人も多いかもしれませんね。特徴としては以下が挙げられます。

・透明であること
・丈夫で中身を保護しやすいこと
・張りがあり伸びにくいこと

これだけを見ても一般的な紙の袋と比べると、まったく異なる特徴を持っていることが伝わるのではないかと思います。そしてこのOPP袋と呼ばれる袋はどんどん利用率が高まってきています。それは、OPP袋ならではのメリットが非常に多いからです。当サイトでは意外と知られていないOPP袋が持つ様々なメリットについて具体的に説明していきます。

OPP袋の利用例:http://oppfukuro.net/products/list.php?category_id=1

OPP袋利用率の高まり

OPP袋はどんどん利用率が高まってきています。その証拠に、紙の封筒ではなくOPP袋を使ったダイレクトメールやカタログを送る企業が増えてきています。皆さんも自宅に届くそういった配布物で日常的にOPP袋を目にしているのです。一般の企業の他にも郵便物の中身をOPP袋に入れていたり、銀行のATMの隣に置かれている案内用紙もOPP袋に入れられていることがほとんどです。そのことからもOPP袋がどれだけ広く普及しているものかがおわかり頂けるでしょう。

OPP袋普及の大きな理由

では、なぜこれほどまでにOPP袋が普及するようになったのか、その理由を説明していきます。
一つ目の理由としては、透明な袋に入れることで、お客にすぐ中身がどのようなものであるかを知ってもらえることです。普通の封筒では中身も確認されず捨てられてしまう可能性がありますが、OPP袋ならば中身に興味を持ってもらえる可能性が高まるのです。二つ目の理由としては単純にコスト削減にOPP袋が役立つということです。OPP袋は紙に比べて非常に軽く、その分だけ郵送料も安価になります。大量の郵送を行う企業にとってこれは大きなメリットとなります。こうした理由からどんどんOPP袋の普及が進んでいるのです。

更新情報

twitter & bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載記事の参照元

運営者情報

ビジネスアイテム利用術

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。